iFOREXのスプレッドについてまとめました

iForexのスプレッドについてまとめました。のアイキャッチ画像

スプレッドとは

スプレッドとはのアイキャッチ画像

トレード初心者の方にとって、分かりづらいのがスプレッドです。スプレッドとはどのような言葉を指すのでしょうか。

売り買いに発生する、手数料のこと

スプレッドとは、売値と買値の差のことを表しています。

チャートの表記などを見ているとBIDとASKという文字が登場していることがあります。BIDは売ったときの価格のこと、ASKは買ったときの値段を表しています。

それぞれの英語の下には値段が掲載されていて、売値と買値を差し引きした値がスプレッドになります。

スプレッドはFX会社に支払うべき手数料なので、この値が大きければ大きいほどトレーダーは損をするし、小さければ小さいほどトレーダーは得をする計算になります。

スプレッドは回を重ねていくほど、馬鹿にできない数字になります。そのためスプレッドの幅に注目していくことが、安定した収入を得る近道になります。

スプレッドの狭い、広いって何のこと?

スプレッドについて見ていくと、狭い・広いという専門用語が飛び出すことがあります。

狭いとは売値と買値の幅が小さいということ、つまり価格差が少なくて済むので「ユーザーに有利な展開」といえます。

一方で広いという言い回しになると、売値と買値の幅が大きくなり「FX業者にとって有利な展開」になっていきます。

少しでも損失を減らしたいトレーダーにとっては、もちろんスプレッドが狭い、もしくは安い方が得する状況です。スプレッドの幅に注目していくと、限られた予算を効率よく回していけるので、コスパに適った運用がおこなえるようになります。

pipsがスプレッドの単位

ちなみにスプレッドの値は「pips」という専門用語で表されます。

pipsは日本国内だけでなく、アメリカやヨーロッパなど世界各国で使われている単位になります。1 pipsは日本円にならすと、およそ1銭です。

iFOREXは2018年からスプレッドを縮小

iFOREXは2018年からスプレッドを縮小のアイキャッチ画像

ここまで見てくると、いかにスプレッドが安定した取引にとって大切な物なのか、よく分かると思います。
少ない額から多大な利益をゲットしたいのなら、スプレッドを制することが肝になってきます。

iFOREXは縮小キャンペーンを実施中

サービスやキャンペーンの多さで知られるiFOREXですが、2018年からスプレッドにまつわるイベントも多数おこなっています。

なかでも「スプレッド縮小キャンペーン」はトレーダーにとってメリットが高すぎる行事のひとつ。

縮小キャンペーンは第1弾、第2弾、第3弾と継続しておこなわれている、期待の持てる内容になっています。

0.9から0.3にダウン?

iFOREXのスプレッドは、時間帯と通貨の組み合わせによって区分けされています。
たとえばドル円の場合には、8時から19時の夜間の時間帯で通常0.9。これがキャンペーンを利用すると、13時から17時の時間帯に限って0.3にダウンします。

通常スプレッドは8時から19時、19時から23時、23時から3時までの3つのゾーンに分かれていますが、キャンペーンスプレッドに進化すると8時から13時、13時から17時、17時から3時と時間分けが大きく変わっています。

中でもキャンペーン時間の真ん中、13時から17時の時間帯はスプレッドが0.3~0.8まで下がっているので、かなりの狙い目。

少しでもお得な取引をおこないたいのであれば、13時から17時までの数時間に的を絞ってやり取りするのがおすすめです。

ちなみにキャンペーン時間は、日本時間に合わせて組まれています。13時から17時の時間帯に仕事で取引ができそうもないという方は、17時から3時の深夜ゾーンもおすすめ。

通常は0.9~1.8かかるスプレッドが、0.9~1.1まで下がる嬉しい内容になっています。

iFOREXと他海外FX業者のスプレッド比較

iFOREXと他海外FX業者のスプレッド比較のアイキャッチ画像

iFOREXが本当に使える業者なのか見定めたいときに「他社の海外FX業者とスプレッド比較してみる」という手法があります。
他社のサービスと見比べてみると、iFOREXの特徴が浮かび上がってくることもあります。

ユーロとドル

  • iFOREX→1.8pips
  • GEMFOREX→1.2pips(オールインワン口座)
  • XM→1.7pips

ドルと円

  • iFOREX→1.8pips
  • FXCM→1.2pips
  • LAND FX→0.8pips

ユーロとオーストラリアドル

  • iFOREX→9.0
  • ThinkForex→1.8
  • GCIFinancial→5.0

全体的な数値を見てみると、やはりどの貨幣ペアもスプレッド幅が広いことが分かります。これはあくまで平均的な値のため、本場のマーケットではスプレッドの値に差が出ることもあるようです。

ちなみにiFOREXの値は通常スプレッドの値段をもとに計算をおこなっています。

不定期で発動される「スプレッド縮小キャンペーン」を利用することによって、他社の海外ブローカーに大いに差をつけることができます。キャンペーンを賢く利用するとスプレッドは、0.3まで下がる可能性も秘めています。

海外ブローカーのサイトをチェックしても過去に0.3のスプレッド幅を付けた業者はほとんど居ないといって良い状態のため「iFOREXの独り勝ち」といえるでしょう。

スプレッドは時間帯や海外の雇用統計発表によって大きく変わっていくので、一時の数値のみをあてにしないことが大切になってきます。

iFOREXはCFDの取扱銘柄も豊富

iFOREXはCFDの取扱銘柄も豊富のアイキャッチ画像

iFOREXは差金決済取引といわれる、CFD取引にも力を入れています。

他社と比較して銘柄がとても豊富にラインナップされているので、ノンストレスで取引をおこなえます。

たっぷり揃っている、CFD取引

iFOREXでは、豊富な銘柄がたくさん揃っています。日本国内のFX業者に比べて、ずば抜けて取り扱っている種類が多いのがiFOREXです。

iFOREXのユーザーは中東の富裕層などが多いのですが、これらのユーザーにとってダイナミックな投資がおこなえるCFD取引は魅力的なマーケット。

ユーザーのリクエストを適えるために、iFOREX のCFD取引の銘柄が増えていったといっても過言ではないでしょう。

【主な銘柄とスプレッド】

  • ガソリン→15
  • 原油→4
  • トウモロコシ→100
  • 天然ガス→0.2
  • 金→50
  • 砂糖→3

iFOREXのCFD取引では、人気の原油から砂糖・コーヒー豆まで色々なやり取りをおこなうことができます。

最近の傾向をチェックすると、大豆やパラジウムはスプレッド幅が広く、砂糖やトルコリラの金・天然ガスや銀などはスプレッド幅が狭くなっています。

人気の銘柄に集中的に投資をおこなうのもおすすめですが、ヒーティングオイルやガソリンなど、他ユーザーがあまり手にしない銘柄に目を配るのも、コアな取引ができておすすめです。

レバレッジは最大400倍

CFD取引でも、iFOREXの強みであるレバレッジ400倍を採用できます。

レバレッジがこれだけ効くということは「少額からCFD取引が成立する」ということ。

少ないマネーから一攫千金を狙っていくことも充分可能になります。

iFOREXの低スプレッドとボーナスを活用して取引しよう

iFOREXの低スプレッドとボーナスを活用して取引しようのアイキャッチ画像

iFOREXのスプレッドやCFD取引などについて、つぶさに見てきました。

老舗ブローカーであるiFOREXですが、最近は他社の動向に影響されるように「低スプレッド路線に移行しつつある」企業となっています。

ボーナスやキャンペーンの特約を上手く利用していくと、さらにコスパの良い投資がおこなえます。

低スプレッド傾向は今後もつづく

「iFOREXはスプレッドが高い…」というのが、これまでの定説。けれども最近は顧客重視の路線にシフトされつつあって、キャンペーン時にiFOREXを利用すると「どこよりも安いスプレッドで取引をおこなえる」事業所にイメージチェンジしています。

スプレッド安の傾向は今後も続いていくと見えるので、iFOREXをメイン事業所としてキープしておくこともおすすめです。

ボーナスを上手く攻略しよう

iFOREXはボーナスの多い取引所です。

初回の入金が10万円以下なら、入金額分がチャージされる100%入金ボーナスもおこなっています。5万円の入金なら、そっくりそのまま5万円がプラスされるので入金額は10万円に。

入金額と同じ額をボーナスとして寄与されるので、とても便利です。

またペンディングボーナスとして、2回目以降の入金では40%のキャッシュバックが付くイベントも実施されています。

1回目だけではなく2回目も得する内容となっているので、長期的に取引したい人にとってもiFOREXは都合の良いマーケットとなっています。

これらのボーナスは条件を満たしていれば、すぐに口座に反映される仕組み。元金をどんどん増やしていけるので、低スプレッドキャンペーンと上手く併用させることによって、効率のよい投資をおこなっていけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です