iFOREXのCFDについて解説します

iForexのCFDについて解説しますのアイキャッチ画像

iFOREXの取扱CFDは600以上

iFOREXの取扱CFDは600以上のアイキャッチ画像

海外FX業者の中でも、安定感があると話題にのぼることが多いのがiFOREXです。
日本では知名度がまだ伸びていない業者ですが、一体どのような企業なのでしょうか。

運用歴は20年、息の長い老舗企業

iFOREXの運用歴は、なんと20年以上あります。5年で長いといわれるFX業者の中では、古株の域に達している専門業者です。

海外FXが今のようにブームになる前から存在してきた企業のため、老舗ならではの安定感があります。

「せっかくトレードするなら、歴史のある業者で取引したい」と思っている人には打って付けになります。

取扱CFDは600以上ある

iFOREXの取扱CFDはなんと、600を超えるクラスです。

CFDは差金決済の取引を表していて、先物商品などあらゆる商品を売買できる仕組みを表しています。

取り扱いできるCFDは多ければ多いほどトレーダーにとって便利なのですが、600以上もあるとなるとかなりの大盤振る舞い。コアな取引が楽しめるといって間違いありません。

ちなみに取り扱っている銘柄をチェックすると、米ドルの原油、米ドルの大豆、イタリア40のユーロなど幅広いCFDがあります。

大豆や原油と聞くと「そんな物はいらないよ」と引いてしまうのですが、現物を手元に持っておかなくてもお金だけ動かせるのがCFDの醍醐味。

トウモロコシやコーヒー豆などの取り扱いもおこなえるのですが、これらの銘柄を買い取っても巨大な倉庫に保管しておかずに済むメリットがあります。

これから値上がりしそうな商品をCFDを通して購入することもでき、とても便利です。

CFDとは

CFDとはのアイキャッチ画像

CFDについて、さらに深掘りして紹介していきたいと思います。

海外FX業者の多くが目を光らせているのが、最近急浮上してきたCFDです。

得することが多い取引形態のひとつと言われていますが、一体中身はどのようなものになっているのでしょうか。

差金決済取引のこと

CFD は英語の頭文字を取っています。具体的にはContract For Differenceをまとめたもので、日本語に直訳すると差金決済取引という売買スタイルになります。

日本の市場のほか、海外でも多くの市場が開かれていて時差に関係のない取引がおこなえます。

CFD取引の面白い点は取り扱い銘柄の所有に関係なく、お金儲けができるという点です。いわば仮想のモノをネット上で動かしているイメージで、顧客は物品をやり取りすることなく「利益だけを得ること」ができます。

またレバレッジが効くので、少ないマネーを投資しながらまとまった額のやり取りをおこなうこともできます。

CFDは初心者に難しいと思われていますが実は逆で「初心者こそトライしておきたい分野」なのです。

証拠金は、毎週チェンジされる

ちなみにCFDをおこなう場合に、担保となるお金を用意しておく必要があります。

このお金は証拠金と呼ばれていますが、証拠金の最低額は毎週のように変更されています。

その時々によって大きく変動していくので、先週のような取引が今週も通用しないこともあり注意が必要です。

またレバレッジが効くということは、反面損したときのリスクも大きいということ。運用にはある程度の覚悟も必要になります。

iFOREXのCFD取引するメリットとは

iFOREXのCFD取引するメリットとはのアイキャッチ画像

トレーダーの多くが一度試すとトリコになってしまうCFD取引。

iFOREXで取引をおこなうメリットは、次のような点が挙げられます。

トップクラスのバラエティ力

海外FX業者の中には、iFOREXのようにCFD取引に力を入れていない企業もあります。

その点iFOREXは頭ひとつ分、いやふたつ分以上ずば抜けている業者です。「こんなに取り扱い商品が多いの?」と思わず目を丸くしてしまうくらい、バラエティ豊かな商品が揃っています。

例えば天然ガス、トウモロコシ、大豆、コーヒー、砂糖などの商品が置かれています。

無類のコーヒー好きなら珈琲を。チョコ好きならココアなど、自分の嗜好に合わせて選ぶ楽しみもあります。

毎日やっていても飽きないので、続ける楽しさがあります。

レバレッジは400倍

iFOREXに多くの人が集まる理由として、レバレッジが凄いという声があります。

レバレッジは最大400倍も効かせることができるので、少額から投資をスタートさせたい人にも向いています。

手元に大金がない、けれどもビッグスケールの投資を試してみたい時にとても便利です。

ボラリティが高い

iFOREXにはボラティリティの高い商品が、とても多い印象があります。

ボラティリティとは価格変動のことを表していて、ボラティリティが大きい商品の方が変動差が大きいので、利益も大きくなります。

最近注目されているのが、原油です。

世界経済などを踏まえて価格変動がとても大きく、わずか数分の差だけで莫大な富が生み出されることもあります。

こうしたビッグチャンスが多大にある銘柄を豊富に揃えているのがiFOREXです。

iFOREXのCFD取引する際の注意点

iFOREXのCFD取引する際の注意点のアイキャッチ画像

メリットばかり伝えてきたiFOREXのCFD取引ですが、デメリットや注意点もあります。

損失も大きい

ボラティリティが大きいiFOREXのCFD取引ですが、反対の面を見ると「うっかり画面を見ていない間に大損してしまう」リスクも秘めています。

原油や金や銀などの値上がりしやすい案件の場合、ひょんな社会情勢が大きく値を下げてしまうこともあります。

あまり小まめに自分の取引を観ない人の場合、放置しておく間に大切な資金がマイナスになるリスクもあります。

ビッグチャンスを狙いやすい物件ほど、値下がりするリスクも控えていることを認識しておく方が良いようです。

選びにくい

iFOREXのCFD取引では、他のFX海外業者に比べて選択肢が豊富にあります。

購入できる銘柄の数がケタ違いに多いので、選ぶ楽しさはあるものの「どれを選んで良いか非常に迷う」デメリットもあります。

銘柄ひとつで大幅に利益率が変わってくるので、経験値の少ないトレーダーにとっては大きな関門となる場合も多いようです。

沢山商品が揃っているということは、一方で「全ての判断が自己責任になりやすい」ということです。好き勝手に商品を購入できる気楽さはあるものの、間違った選択をおこなっても誰も咎めてくれない脆さもあります。

「何から手を付けてよいか分からない」という初心者マークの人にとって、広大な裾野が広がっているiFOREX のCFD取引は裏を返せば「どうチャレンジしてよいか分からない」ビジネスマーケットと言えるかもしれません。

iFOREXでCFD取引をはじめよう

iFOREXでCFD取引をはじめようのアイキャッチ画像

メリットとデメリットについて考察してきましたが、メリットの大きさや自由度の高さを見ても「iFOREXにおけるCFD取引はおこなった方がよい」案件といえます。

まだ試していない方はライバルの少ない今のうちに、実践しておくのがおすすめです。

  • 取扱銘柄が、ケタ外れに多い
  • 一攫千金のチャンスがある
  • リターンが大きい

iFOREXにおけるCFD取引の特徴を見ると、以上のようなメリットがあります。

取り扱っている銘柄の数はとても多く、アラビカのコーヒーや軽質油・トウモロコシなどその種類は群を抜いています。

またレバレッジは最大400倍まで使用できるので、少ない軍資金をもとに大幅に資金を殖やしていくことも可能です。夏のボーナスや冬のボーナスを賢く運用できるので、サラリーマンの間でもとても人気があります。

海外FX業者の中にはCFD取引を扱っている所もありますが、品ぞろえがあまり良くない印象があります。

その点iFOREX のCFD取引ではリターンが大きい銘柄を豊富にピックアップしているので、一攫千金のチャンスも到来。初心者の方でも大穴を当てやすい仕組みになっています。

気になったときが、投資のチャンス

iFOREXのCFD取引は、実は日本国内ではあまりまだ浸透していないビジネスモデルです。

取り扱っている商品の多くがアメリカ市場をベースにしている銘柄が多いため時差の問題もありますが、それでも「日本ではライバルの少ない」狙い目の投資スタイルと言えるでしょう。

原油や金など他社では取り扱っていない商品も多く、初めての方でも大金を手に入れられるチャンスを秘めています。

少しでも気になった方は、今こそスタートしてみるのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です