iFOREXのスワップポイントについて解説します

iForexのスワップポイントについて解説しますのアイキャッチ画像

スワップポイントとは

スワップポイントとはのアイキャッチ画像

FXの取引では、為替の差益以外の利益を生み出す方法があります。
それがスワップポイントと呼ばれる金利差の調整分から発生する利益のことで、2つの国の間の金利差から得られる利益のことを指しています。

例えば日本の円 のような金利の低い通貨を売って、オーストラリアドルのように高い金利の通貨を買って、その金利の差を利益として毎日受け取ることが可能になります。

初めの売買から反対売買までのポジションを取っている時間は、短い場合や長くなっていることもありますが、その間の金利差についてポジションを維持した日数分加算される仕組みを取っています。

しかし、スワップポイントは必ずしも利益を生み出すことにはなりません。

いつも受け取りになるだけでなく、逆に支払いが発生するケースもありますので注意をしなくてはなりません。

金利の低い通貨を売って高い金利の通貨を購入すると、スワップポイントを受け取ることができて、利益を増やすことになります。

ポジションを保有する日数が長ければ長いほど、その保有日数に応じてスワップポイントが増えていきます。

逆に高金利通貨を販売して低金利通貨を購入した場合には、スワップポイントがマイナスとなってしまうので、ポジションを保有している期間中は、毎日スワップポイントを支払わなければならないのです。

したがって、高金利外貨の販売、低金利通貨の購入のポジションを取る場合は、スワップポイントに支払いが発生することことをしっかりと認識しておく必要があります。

iFOREXのスワップポイント

iFOREXのスワップポイントのアイキャッチ画像

iFOREXは日本国内での運営の歴史が長い信頼性の高い海外FX業者で有名な所で、アメリカドル・日本円のスプレッドが0.9pipsと非常に狭く、裁量トレードでは効果の出やすいのが特徴です。

このiFOREXのスワップポイントは、「オーバーナイト金利」と称しており、これはCFD取引でポジションを持った時に発生する金利のことで、FXのスワップポイントと同じような理解で取り引きされています。

また、iFOREXには、実に様々な特徴がありますが、最も特徴的な点は、トレードに直結するロスカットレベルでしょう。

海外FXの取引では、ハイレバレッジに注目されがちですが、ロスカット(ゼロカット)もトレードをする上では非常に重要な要素と言っても過言ではありません。

iFOREXではロスカットレベルが0%の状態で、他海外FX業者と比べても目を見張るレベルの低さとなっています。

含み損がある一定レベルで大きくなると強制ロスカットという水準になりますが、ロスカットレベルと言います。理想的なロスカットレベルは0%が理想的で引くい程好ましいとされています。

残高がマイナスになるリスクを考慮する必要もありますが、海外FXはゼロカット制度のために国内FXと比べて安全にトレードすることができます。

但し、XMやTitanFXメジャーな海外FX業者のロスカットレベルは、証拠金維持率20%で推移していおり、0%レベルのFX業者はメジャー業者の中でも、唯一iFOREXといっていいかもしれません。

iFOREXなら100%ボーナスや金利がついてお得

iFOREXなら100%ボーナスや金利がついてお得のアイキャッチ画像

iFOREXでは、常に様々なキャンペーンが実施されており、100%ボーナスや金利がついてきて非常にお得感の高いFX業者でもあります。

iFOREXの初回入金のボーナスでは、入金した額の100%が全てボーナスになるよいう内容で、ボーナス上限が10万円に設定されているものの、10万円まで入金するのでであれば、取引資金が2倍まで増やすことができるという魅力があるのです。

初回入金ボーナスは、入金後に自動で取引口座へ付与されるので、自分で申請する手続きをする必要はありません。

その一方で10万円を超えて入金をする場合には、その超過分に対して200万円を上限として40%のボーナスが支給されます。

但し、超過分に支払われる40%ボーナスは、受け取りするためにサポート部門への連絡が必須となります。

尚、iFOREXのボーナスは「トレーディングチケット」と呼ばれており、トレードに利用するためのボーナスとなっているので、そのボーナスをすぐに出金することはできません。ボーナスを使用して取り引きで稼いだ利益分の出金は可能となります。

また、「トレーディングチケット」のボーナス保有中に出金をすると、その額に応じて保有しているトレーディングチケットの効力を失ってしまうことになりますし、このボーナスも出金後の有効証拠金の半額までは減額されるので、認識しておくことが大切です。

利用する口座は、7日間取り引きを行わなかった場合には、保有するボーナスは全て消滅されてしまうことになるので、チケットが手元に残っている間は7日以上取引期間の空白を作らないようにしておくことです。

iFOREXは長期取引だけではなく短期取引もOK

iFOREXは長期取引だけではなく短期取引もOKのアイキャッチ画像

取引期限が定められていないFXは、デイトレードなどの短期売買や、長い時間をかけた取引する長期投資の両方で売買することができる金融商品ですが、iFOREXも同様です。

iFOREXのドル・円のスプレッドは、0.9pips程度となっており、他海外FX業者と比べてもとても狭い設定となっていますので、短期取引でも十分に行けると言えます。

スプレッドとは、取引にかかる手数料のことで、外貨を買った値段と売った値段の差額をスプレッドと呼んでいます。

例を挙げるなら、1ドルを売る時に100円10銭、買う時は100円11銭とした場合に、この差額の1銭がスプレッドとなります。

このスプレッドは、取引の手数料でもあり、FX会社から見ると利益と言えて、FXの取引をしている側から見ると取引手数料ということになります。

したがって、スプレッドが狭く手数料が安いほど低コストで取り引きすることができで、有利な条件でFXをすることができるわけです。

FXの手数料自体は、他の株や外貨預金と比較すると、非常に格安と言えるのですが、短期取引では何度も取引をするために、手数料も次第に多くなっていく傾向にありますので、長期取引の場合は取引回数が少なくスプレッドの影響をあまり受けないので、あまり気にすることがありません。

そのために短期取引では、iFOREXのスプレッドの狭さが非常に有利に展開していくことになります。

iFOREXのスワップポイントで利益を上げよう

iFOREXのスワップポイントで利益を上げようのアイキャッチ画像

iFOREXは色々な特徴がありますが、取引条件は、最大400倍までのレバレッジ設定が可能となっており、口座にある資金以上の損失が発生しないゼロカットシステムを採用している点が大きな特徴と言えます。

通貨ペアもクロス円が14銘柄、クロスカレンシーが68銘柄もあり、取引手数料も無料でFX以外の仮想通貨や商品、株などさまざまな金融商品を1つの取引ツールで行うことがもの非常に高い評価となっています。

変動制スプレッドは他社に比べて少々不利に終われるものの、スワップポイントはかなり有利なのがiFOREXの魅力と言われています。

尚、他社のスプレッドが狭い口座では、取引手数料が3〜3.5ドル発生するので、トータル的なコスト感は大きな差を感じさせないかもしれません。

iFOREXの取引ツールは海外FXではポピュラーなMT4を採用してせずに、パソコン、スマホで対応可能なブラウザ型ツールFXnet Viewをベースとしています。

iFOREXは取引手数料が無料でスプレッドも原則的には固定となてとり、他社のECN口座は、取引手数料がありが、スプレッドは変動制となっている点が差異点と言えます。

スプレッドだけ見ると、iFOREXは他社よりかなり不利に見えるのですが、トータルコストで比べてみると、他社より有利な通貨ペアもあります。

他社のような大きなスプレッドの変動がほとんどないことを考えると、初心者の人でも、心配することなく取引に集中することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です